Latest Entries

電気的登岩遊戯

超久しぶりにり岩場でロッククローリング。冬のここは寒すぎて、のんきにラジコンどころじゃないのでどうしても半年以上期間が空いてしまう。だがその間、いろいろ妄想しながらより良いマシンになるようカスタムしてきた。

まず、かなりのウエイトを占めるバッテリーをフロントアクスルの上に移設。これでかなりフロントに荷重がかかるので登坂力アップ!のはず。

20190406a



そして昨日知ったのだが、リアのサスペンションを「KATAOKAリンク(片岡式リンク)」化してみた。なんでもダンパーの伸び量以上に伸ばせるらしいのだが、実際やってみないとイマイチ理解できないのでテキトーにあるもので作ってみた。

20190406b


走らせてみると確かに路面への食いつきがいいように感じる。しかしノーマルと比べてどれだけ差があるかはまだ不明だ。ただ、ギミック的に面白いし、もうちょっと作り込めば見栄えも良くなりそうなので採用ということに。

20190406c



久しぶりのロッククローリングだったけど、自分のイメージ以上の走破性を見せ「えー、こんなところも登れるのかよ!」と言うことが何度もあって改めて面白いと思った。垂直に近い壁もカスタムのおかげか難なく登れたし、今日みたいに天気のいい日にのんびりラジコンで遊ぶのもいいもんだ。

20190406d

20190406e

20190406f



SONY DSC-TX9

最近のこと

気付けばこのブログ、3ヶ月もほったらかしにしてた…。やっぱりアレだね、生活スタイルの変化って年取れば誰しもあるワケだし、それに伴った変化も必要だよね。という言い訳を記しつつまったりと再開といこうか。前に書いたのを見返して、意外に役立つこともあったりするんで忘備録代わりに残しておこう。

さて、この数ヶ月というものを振り返れば結構波乱に満ちてたなぁ。まず去年の夏にとうとう車を手放して、免許取得以来20数年振りに「車なし生活」を始めた。こんな田舎の鳥取で「車なし生活」をするのは死活問題だと思っていたけど結局それは人それぞれで、確かに不便を感じる時もあるがそう感じることの方が明らかに少ない生活スタイルになっている。とは言うものの、仕事で撮影機材を運ぶこともあるので冬に原付を手に入れた。原付と言ってもちょっとアレがアレなんでまたこの話はいずれ。

撮影ということでカメラ関係についても書いておこうか。先月のことだけど、昔から所有するレンズをほぼ売却し新レンズを導入した。レンズは資産だと言われているんだが、フルサイズ一眼レフからフルサイズのミラーレスに変えたらそうも言ってられなくなった。資産であるはずのレンズをコンパクトなミラーレスにアダプターをかまして使っていたが、やはり不便だしコンパクトの意味が薄らぐ。いいレンズと言われているレンズも使わなければ意味ないので、今最も使うレンズを厳選して買い換えた。この話も長くなりそうなんでいずれ書き残したい。

そしてその新しい撮影システムを担ぎ、撮影の仕事でなんと花の都“大東京” へ。買いたてのレンズを実戦初登板ってこともあり大丈夫かなっていう不安はあったけど、そんなことよりも気を使わないといけないことが膨大で、レンズがどうのこうのっていう点は厳選しただけあって全然気にならなかった。今回は空港までお迎えに来ていただいて、撮影現場まで送迎してくれるって言うんだからこんな至れり尽くせりのデビュー戦ってないよね。そして初めて都内を車移動したんだけど、窓からの景色が電車と全然違う。なんか見たことあるなと思ったらフジテレビだったり国会議事堂だったり、ビルの隙間から東京タワーやスカイツリーが不意に現れたりと不思議な感覚。仕事と言い、ホント面白い体験をしたわ。今後へ繋がっていけばいいな。


20190305a

20190305b

20190305c



ZTE Blade V8

散歩中

今ちょっと欲しいものがありまして、それがなんと中古にしては割と選べるタマ数があって若干迷走中。これしかないのならなんら迷うことはないのにねぇ。とは言えそんな気軽に買えないので熟考を重ね検討中。うーん、いい天気だ。


20181127a

20181127b

20181127c

20181127d



SONY DSC-TX9

The new(old) camera.

散々悩んだ挙句、ようやくデジカメをゲット。しかし驚きの2010年モデル。もちろん中古で。大丈夫か?

20181124k



なぜこんな骨董品に近いカメラを選んだかというと、やっぱりこのカメラの持つ魅力かな。確かこの機種が出た時、スゴい憧れた記憶がある。撮影時にレンズが飛び出さないこともあって非常にコンパクトかつスタイリッシュ。欲しかったものが時を経て我が手に。物欲とはまた違った感情に満たされておりますよ。


ポケットから取り出す時に全面のカバーを指で下げると、カメラを構えた時にはすでに撮影ができる状態にあり、サッと撮った後はカバーを下ろしながら再びポケットへ。レンズが飛び出ないカメラなので一連の動作がものすごくスマート。これは自分が思うスナップシューターとしてかなり理想的。

画質の方はというと、そこは小さくてもカールツァイスのレンズ。無理のない画素数ってこともあり、いい空気感を写し撮ってるように思う。まぁ画質云々よりサッと撮れることが一番なんでそんなのは野暮な話ってもんだ。大事に使っていこう。

20181124a

20181124b

20181124c

20181124d

20181124e

20181124f

20181124g

20181124h

20181124i

20181124j



SONY DSC-TX9

カムバック

久々にiPhone 4sを引っ張り出して持ち歩いてみた。いやーいいね、このサイズ感。できるならこのままごにょごにょしてsimフリー機として使いたいのだが、いかんせん存在自体が過去の遺物。機能的にも自分はこれでいいと思っていても、世間がそれを許してくれないんだな。OSが古くてgoogleカレンダーが使えないんだから悲しくなる。使えるもんは大事に使いたいんだがねぇ。

20181113a



iPhone 4s

Appendix

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アーカイブ

プロフィール

RYO.i

Author:RYO.i
鳥取市在住。
あの"DEAD STOCK AGENT"メンバーの1人。
別ブログにCRYPTiC PHOTOもあります。

ブログサーチ